こだわりの万年筆に出会うために

万年筆を使ってキレイな文字を書こう

パソコンの普及に伴い減少しているのが、筆記用具の世界です。

 

手紙や年賀状などの投函数が減っているのも、電子メールなどで簡単に好きな相手にメッセージを送れてしまう、
またはインターネットや手書き文字もパソコン上で作れてしまうことが原因のようです。

 

筆記用具というと、学生たちの持ち物だ、というようなイメージが定着しつつある中、
水面下では実は万年筆が密かに人気を呼んでいます。

 

カラフルなペンや書きやすいゲルインクペンなどではなく、なぜ今万年筆が人気なのでしょうか?

 

万年筆と聞いてイメージするのは、どこぞの社長さんや秘書、
古き良き時代を愛するご年配の方たちが愛用している姿を想像します。

 

しかしそんな姿を想像して「カッコイイ!」と思う今の若者世代が、
実は万年筆ブームの火付け役にもなっていたのです。

 

スーツの胸ポケットでキラリと光る光沢のある万年筆を、自分も持ってみたい。
そのような単純な発想から若者たちの間で万年筆の購入が流行しています。

 

万年筆は使用してみるとわかるのですが、慣れないとインクがかすれたり、
ペン先の角度によってはインクが大量に出てきたり、または全く出てこなかったりと、扱いにくい筆記用具です。

 

価格も普通のペンを1本買うことに比べると割高で、インクも必要になるので実用性には欠けます。
けれど「カッコイイ!」その理由だけで十分ですね。

 

今まで万年筆に興味がなかったという人も、
一度自分のスタイルとして取り入れてみると意外と愛用者になるかもしれないアイテムですよ。